ビタミンc誘導体配合の化粧品〜シミやくすみを撃退〜

女性

化粧品に配合された濃度

美容

今や、ビタミンc誘導体は様々な化粧品に利用されるようになってきました。ビタミンcはとても酸化し易い成分であるため、化粧品に配合するのは難しい成分といわれていましたが改良をおこなったビタミンc誘導体によってその問題はクリアされ、肌のおくまで浸透した後に酸素と結合することでビタミンcへと戻るのが特徴です。化粧品に配合されている、ビタミンc誘導体と一言で言っても3種類存在しています。化粧水や美容液などに配合されているビタミンc誘導体は水溶性、クリームや、ジェル化粧品に配合されているビタミンc誘導体は、水溶性のビタミンc誘導体に油を加えて作り上げた油脂性のビタミンc誘導体です。水溶性のビタミンc誘導体が配合された化粧品は、速効性を期待できますが油脂系のビタミンc誘導体は残念ながら速効性には劣ってしまいます。ですが、数時間も残るという特徴から保湿力だけではなく、角質層などへの浸透力が期待できるものになります。最後に、その両方の性質をもったビタミンc誘導体です。水の速効性に期待でき、油の長時間残る特徴から浸透力にも期待ができます。

ビタミンc誘導体配合の化粧品を、選ぶ際に配合されたビタミンc誘導体の濃度を気にする人も少くはないでしょう。しかし、濃度が高ければ高いほどビタミンc誘導体の効果を大きく得られるというのは誤った考え方です。確かに、濃度が高いと肌へと送られるビタミンcの量も多くなってくるのも確かではあります。ですが、濃度が高くなってくるとそれだけ肌への刺激が強い化粧品へとなってしまうのも事実です。肌への刺激が強いせいで逆に肌を痛める結果、となってしまっては元も子もありません。自分の肌質で、どの濃度が適量かを知ることが大切になってくると言えるでしょう。