ビタミンc誘導体配合の化粧品〜シミやくすみを撃退〜

女性

肌にアプローチする成分

美容

効果に違いがある

基礎化粧品をはじめ、ベースメイクなどの化粧品にまで配合されているのがビタミンc誘導体という美容成分です。ビタミンcと一口に言っても、肌へのアプローチの仕方や効果に違いがあり、肌悩みにあわせて選択することによって、効果を最大限発揮させることが可能です。例えば、長時間の持続力を得たい場合には、浸透型と言われるVCIP型のビタミンc誘導体が適しており、皮脂との馴染みが良くて吸収に優れた油溶性が特徴的です。ビタミンc誘導体でデメリットに繋がりやすい乾燥感、さらには刺激性が少ないのも浸透型の魅力です。さらに保湿効果が高く、肌の水分量を保ってくれるのがVCMG型のビタミンc誘導体であり、水溶性の馴染みをアップさせるためにグリセリンと結合させているのが特徴的で、乾燥による小じわ悩みに適しています。

長期保存も可能な化粧品

コラーゲンを生み出し、新陳代謝を促進させるなど、エイジングケアに力を発揮するのがビタミンc誘導体で、スキンケア化粧品に配合されています。もちろん、ニキビに悩む思春期の敏感肌にも作用を持つビタミンcには、即効性のあるAPSという水溶性ビタミンc誘導体も提案されています。ナトリウムとリン酸を結合させることによって、不安定になりやすい美容成分を安定供給させることができるため、即効性を意識したい肌トラブルのケアに適しています。また、糖を結合させた水溶性ビタミンc誘導体も提案されており、通常は分解が進んでしまい、長期保存が難しい成分であるものの、常温で保存が可能となる安定型となるなど、性質の違いも魅力に繋がっているのも豆知識として知っておきたい情報です。